婚約指輪とは

参加者を多く呼んだり大きなウエディングケーキを用意したり、芸能人のような派手な演出を行ったりといった派手婚が流行した1990年代の影響から、2000年代前半は地味婚が流行しました。
結婚式にお金をかけずに新生活準備や新居の購入資金に当てようという考えが広まりました。
そうすると、結婚式の規模を最小限にしたり、演出を少なくしたり、婚約指輪を用意せず結婚指輪のみにしたりという簡略化をするカップルが多くいました。
しかし、2010年代に入ったところから、結婚式は一生に一度のものであることから二人の考えたオリジナリティのある結婚式にしたいと考える人が増えてきました。
式の演出や装飾といったものにこだわったり、招待状や式次第など自分たちで準備できるものは自分たちで作成したりといったことをする人もいます。
そして、思い出に残るように昔からのしきたりは守ろうと考えて婚約や結納、婚約指輪を渡したりといったこともすべてきちんと行おうと考える人も増えています。

婚約指輪は婚約期間につけるものであるため、省こうとする人も多くいます。
やはり、結婚指輪を用意するのにさらに婚約指輪も用意するとなると少しでも予算を抑えることができるならば抑えたいと考えるのは当然のことです。
それでも実際には結婚するカップルのうち半数近くが婚約指輪を用意しています。
そこで、ここでは結婚指輪だけでなく婚約指輪も用意する必要性、準備する際にはオーダーメイドをする人も多い理由について紹介をしていきます。



◆管理人推奨サイト
様々なデザインの中から婚約指輪(エンゲージリング)を選べます。
・・・> 婚約指輪(エンゲージリング)